不動産売却や相続、賃貸や任意売却という運用方法の検討

売却の流れ

譲渡益を理解してから売却する

相続によって手に入れた不動産は、そのまま所有していても固定資産税として税金を支払わなくてはいけません。 そのため、昔から不動産を相続で取得した場合には不動産売却によって現金に換えることが主流となっているのです。 しかし、不動産売却に関しても様々な税金が絡むため注意をしておくことが大切です。 不動産売却によって得た利益は、譲渡益として税務署に収めなくてはいけません。 これは今も昔も変わりなく、その計算方式も同じです。 譲渡益は、売却代金から土地の取得にかかった費用と土地の譲渡費を差し引いた価格になります。 相続の場合には取得していた期間によって利益が変わるため、不動産売却を決めたときには早期に売ったほうが税金も安くて済むのです。

不動産を所持しているときよりも安い

不動産売却が昔から好まれている理由は、支払うことになる税金の金額が小さいからです。 相続によって引き継いだ財産をずっと所持していると、時期が来るたびに固定資産税や住民税を支払わなくてはいけません。 しかし、売却によって得た利益の価格から税金を支払うときには一回支払えばそれで良いのです。 面倒な支払いを何度もしなくても良いですし、余計な税金を支払わなくても済むようになります。 また、相続によって不動産を手に入れたときは売却することによって税金を控除できる制度も存在します。 これには相続税の申告から三年以内の売却が求められることになるため、やはり早期に売却したほうがメリットがあるのです。 実際に売るときは、弁護士などの専門の法律家に不動産売却を相談しましょう。